終了のお知らせ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ミルチャ・エリアーデ、クロード=アンリ・ロケ「エリアーデ 自身を語る 迷宮の試煉」

アンリ・ロケが聞き手となるエリアーデへのインタビュー。知の巨人エリアーデの足跡からその作品、あるいは他の学者たちについてなど、語られるテーマは多岐に渡ります。
内容について話そうとするとエリアーデとはどういう人物なのかといったところからはじめる必要があるでしょうから省きまして、中でひとつだけ気になったエリアーデの言葉を紹介しておきます。

(フランシス・ベーコンに関してエリアーデが美術での醜さを拒否する姿勢をロケが尋ねて)
「彼が造形創作の対象として醜悪なものを研究した理由はよく理解しています。でも同時にその醜さに私は抵抗します。なぜならばいまでは、以前にもまして、いたるところわれわれの周囲に醜悪さが見られるからこそ……。われわれを次第に埋没させようとしているこの普遍的な醜悪に、なぜ醜悪を上乗せするのですか?」
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

ヒツギ
  • Author: ヒツギ
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

01 « 2011/02 » 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。